2021.2.14 ディアナホームマッチ 梅咲遥の試練

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
ワールド女子プロレスリングディアナ

2021.2.14に公式youtubeよりLIVE配信されたディアナホームマッチを観ました!

今年の1.31大阪176BOXでの興行に行って以来、少しディアナ熱が上がっているので、冷めないウチに追いかけています。

注目は試合は第2試合。梅咲遥&高瀬みゆき(ルミナス) vs 佐藤綾子&春輝つくし。

ルミナスは176BOXでタッグ王座戦で敗北し、タッグリベンジに向けて動き出すのであったが…

ディアナの未来を担う為、脱「新人」!

第2試合の梅咲遥&高瀬みゆき(ルミナス) vs 佐藤綾子&春輝つくし戦。

試合が進むにつれて、劣勢になり反撃に転じる梅咲でしたが、佐藤&つくし組の連携に苦戦!

頼りになる高瀬の加勢もあり、なんとか立て直したかと思いきや…

ルミナスの連携が上手く行かず、相手側に上手くやられてしまった印象。

最後は佐藤綾子のドラゴン・スープレックス・ホールドで梅咲がフォールを取られてしまいました。

(試合時間は約15分)

試合後、リング上で起き上がれない梅咲遥に高瀬みゆきが檄をとばします。

※前半はマイクの音量の為、聞き取れませんでしたので中略。

高瀬みゆき

「未来を担う選手なんやろ梅咲遥!!

デビューしてまだ2年にも満たない選手にしては、すっごいよく頑張ってた!

でもな、このディアナという団体はそんな軽いもんじゃない。

その未来を担うなら、新人選手をやめろ梅咲!

1プロレスラーとして!プロとして!

結果を残せるように、勝ちを取れる様な選手になろう!なぁ。

タッグベルトを防衛した時の梅咲遥を見て…

ウチは、遥にはそれが出来ると思ってる。

あの時の遥、戻ってきてくれ。

いや、あの時の遥を超えてくれ!

なぁ…それがルミナスの、ディアナの、梅咲遥の未来や。以上です。」

先の大会でタッグベルトを落としてしまい、奪還に動き出すルミナス。

高瀬みゆきは相棒として先輩として、梅咲遥の可能性を引き出してくれています。

王座奪還もそうですが、ディアナの未来を担う選手に育って欲しい気持ちが伝わります。

この日の試合を終えて、梅咲遥は何を感じたでしょうか。

1レスラーとして、梅咲遥の脱新人の試練は始まったばかり。

これからもその動向に注目です!!

(ちょちょたん頑張れ!!みゆ姐あざます!!)

SNSでもご購読できます。