5.16ディアナ大阪大会第三試合タッグマッチは見応え十分!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
diana

気になる選手を見つけると観戦に行きたくなるもの。

という訳で、5.16に今年2回目となるディアナ大阪大会へ観戦に行ってまいりました。

この日の注目はチームルミナス(高瀬みゆき&梅咲遙)vs 大空ちえ(PURE-J)&朱崇花(フリー)組。

※花園桃花負傷欠場により大空ちえ参戦。

実は朱崇花選手の試合を生で観るのは初めてで、どんなマッチアップになるか楽しみにしていました。

圧倒的存在感の「朱崇花」

朱崇花の試合は動画では何度か見た事があり、記憶に新しいのはAEWの女子トーナメント。

AEW女子世界王座トーナメントについて

174cmの長身でパワーファイトをイメージさせられるますが、ムーンサルト系の技も得意とし、万能型の選手でヒールワークも得意としている印象でした。

生観戦するのは初めてで、朱崇花がどんな試合を見せてくれるのか楽しみでしたが、入場から堂々たる立ち振る舞い。

diana210516-2

現在はシードリングのシングル王座ベルトを保持しており、和柄のガウンにベルトを纏う姿、その容姿からはまさに「妖艶」な雰囲気を放ち圧巻されました。

この日のタッグパートナーはPURE-Jの大空ちえ。

男勝りな風貌と確かなテクニックを持ち合わせる、PURE-J期待の若手選手。

こちらもディアナホームマッチの配信などで観たことはありましたが、生観戦は初めて。

ルミナスとどんな対戦になるか楽しみな一戦でした。

ルミナス苦戦!ペースを上手く掴めない展開

マッチアップとしては梅咲 vs 大空、高瀬 vs 朱崇花となり、試合が進むにつれて中盤は朱崇花にペース。

高瀬の持ち味であるスピーディーな展開や、梅咲の攻めも朱崇花のビックブーツを前に苦戦を強いられる形に。

徐々に展開が荒れてきた所で、梅咲と大空の攻防となりましたが、二人の打ち合うエルボーがまたハードヒット。

176BOXの会場に響き渡るエルボーの「ドムドム音」は客席も息をのむ展開。

10分を過ぎても終わらない対決に時間を忘れそうになりましたが、最後は高瀬が大空へラリアットからの畳み掛けでフォールを奪い、辛くもルミナスの勝利!

ですが、相手タッグも侮れなく強く印象に残りました。

朱崇花もすごかったのですが、大空ちえも堅実なファイトスタイルと見事な打ち合いが目立ち、今後の活躍には十分期待できるものだったと思います。

ディアナ興行は見応え十分!

他の試合もマドレーヌ vs めぃりぃ(BRS)のシングルマッチ(事実上のスパンキー王座前哨戦)や道頓堀勢とのミックスドマッチ。

メインは大御所の試合など、存分に楽しめた興行となりました。

大阪ということもあり、積極的に関西勢レスラーや他団体(PURE-J・Act等)の参戦があるディアナ興行は見応え十分でおすすめです。

(ホームだとまた雰囲気が違うと思いますが)

と言うのも関東圏メインの団体を見る機会は、大阪であってもなかなか無いので観ていて新鮮です。

お近くでディアナ興行が行われる際は、ぜひ足を運んでみてはいかがでしょうか?

試合後の高瀬みゆきと朱崇花の余談

この日176BOXでは昼はディアナ、夜はアクトレスガールズが開催されたのですが、朱崇花は試合後にすぐに東京へ帰っていたようです。

(どーりで売店がなかった訳だ※メチャ行きたかった)

忘れ物をしたらしく高瀬みゆきに謎のメッセージ…

その後高瀬からのSNS上でのリアクションはなかったようですが、今後は朱崇花参戦の興行もチェックしてみたいと思います。

あと、アクトレスガールズもまだ行けてないのでいつかは…

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。