空位のIWGP世界ヘビーに名乗りを挙げるのは誰だ!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
njwgs5.25-2

昨日5.24に興行再開となった新日本プロレス。

オスプレイ負傷欠場による長期離脱によりIWGP世界ヘビー級王座は空位に。

コロナによる選手欠場も予想されます。

この日、興行後にタイチは自身も感染していた事を公言し、その心情を語りました。

予定されていたビッグマッチは中止となりましたが、鷹木信悟によるハツラツ発言がで大きく展開が動きそうです。

次期IWGP世界ヘビー決定戦に名乗りをあげるのは?

オスプレイとの壮絶な対決に敗北したものの、興行再開後のバックステージコメントで鷹木信悟は空位のあり方を問います。

それに伴い、返上された世界ヘビー王座を巡って名乗りを挙げる選手が出てくるのは必然。

現時点で王座戦が組まれれば、提唱者(?)の鷹木を筆頭に続々と王座戦が組まれてもおかしくないのですが、他の有力候補者は以下のメンツ濃厚ではないでしょうか?

鷹木信悟

オスプレイとの連敗を物ともせず、あくまでもIWGP世界ヘビーを狙いに行く構え。

ド正論とジャイアニズムで邁進(まいしん)する姿勢に民意も納得。

試合後のコメントでも何一つ間違っておらず、しまいには週プロ表紙に「待望論」まで浮上。

フラグじゃなくて獲ってもおかしくない空気。(マヂで)

鈴木みのる

おそらく一番最初にヘビーへの意気込みを投稿したのは鈴木みのる。

本来予定されていたマッチメイクがあったのか、それともこの機に乗じて取りにいく腹か?

プロレス王として避けては通れないベルト!今後の動きに注目!!

飯伏幸太 vs ジェフ・コブ

興行中断前からのコブは飯伏を標的にし、5.24では目の前でワトにカミゴェを披露する始末。

これには飯伏もニーパットを外して本気アピール。

前王者飯伏はコブ戦で反撃ののろしをあげる事になるのか!?

いずれにせよ勝利した方にはベルト戦線へ向かう資格あり!

(コブ勝て!コブ勝て!コブ勝て!一回で良いから!頼む!!)

ビッグマッチはレッスルグランドスラム?ドミニオン?再び動き出した新日本プロレス

グランドスラム・ドミニオンの詳細はまだ未定なので、今後の興行での発表が予想されますが、鷹木が提唱する王座戦がドミニオンで組まれる事になれば、コレは行かバカ案件です。

※レッスルグランドスラムは中止発表となってますが、Road toなので興行はどうなるのか?

一つ望むのは、コロナ化以降も新日本マットで活躍する外国人勢には、感謝と労いの意味も込めてベルト戦線に絡んで欲しいです。ってか観たい。観せろ!!

コブとザックでヘビー王座があってもいいと思うんです。

どっちが勝っても文句ないし、民意も納得するでしょ!

兎にも角にも、再び動き出した新日本プロレス。

今回ばかりは「◯こめて新日本プロレス!!」コロナに負けるな!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。