メイン・セミファイナルからG1 CLIMAX30を考える

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

g130

G1 CLIMAX30の予想ですが、皆さんは何を基準に勝敗を予想していますか?

対戦相手の相性、過去の戦績、優勝した後のストーリーからなどなど、考える予想は人それぞれ。

あんぐるがー、ぶっくがーと野暮なことを言うつもりは無いですが、予想をする材料の一つとしてメイン・セミでの対戦カードに注目して観ました。

メインとセミのカードに見る勝敗の行方

星取表からの情報を元に、赤がメイン青がセミファイナルの試合となっており、両国のメイン・セミは展開次第という事でカウントしてません。

勝敗は別としても、メインとセミに起用される試合は、興業において重要な位置を占めていると思われます。

そこでどんな展開が予想されるのか、開催される場所にも注目ですね。

例えばB blockの10.1長岡のメインイベントは内藤 vs SANADA。

長岡…SANADA…最後を締めるマイクはもちろん…

なんて妄想も膨らむと、単純に実力や格だけで勝敗が決まるかどうか…という点も考慮してみたい所です。

(個人的には盛り上がれば良いんですけどね)

Aブロックの最多メインイベンターは飯伏・オカダ

以下上位4名をピックアップ

A block メインイベント セミファイナル 合計
飯伏幸太 4 1 5
オカダ・カズチカ 4 0 4
ジェイ・ホワイト 2 4 6
鷹木信悟 3 2 5

飯伏・オカダにメインイベントの機会が多く与えられています。

ジェイはセミも含めれば活躍の場は最多数。

鷹木の起用回数が多いのも注目ですね。

Bブロックの最多は内藤・EVIL

B block メインイベント セミファイナル 合計
棚橋弘至 4 1 5
内藤哲也 5 2 7
EVIL 2 5 7
SANADA 2 0 2

現2冠チャンピオンである内藤は最多メイン数と合わせて7。

前チャンピオンEVILは最多セミ数と合わせて7。

棚橋は次いで5回とSANADAメイン2回。

起用される選手を軸に考えた場合

番狂わせを期待してはいますが、メイン・セミ起用の選手が優勝候補に当たるのかもしれません。

で、システム的に2冠チャンピオンは除外するとして考えた場合、ジェイ vs EVILの対決も十分にあり得ますね。

ただ、近年のリーグ覇者で「純ヒール選手」は制覇に至ってませんね。

ケニー・オメガはG1制覇していますが、純ヒールかと言われたらちょっと違うし、CHAOS陣営も同じです。

最高に盛り上がる瞬間にヒールレスラーによる「BAD END」なる展開が待っているのか…どうでしょうね。

まぁ…終わってみてからでないと何とも言えませんが、システムも関係ないと言えば関係ないですから!!

 

ってメイン・セミでの予想はどうだ!って考えてたんですが、プロレス界隈では当たり前みたいですわ!

考える所は皆、同じかもしれませんねw

つーわけでこのメイン・セミがリーグの勝敗の展開にどう影響するかも注目です!!

※星取表とメイン・セミの開催とか間違ってたらゴメンナサイ!!

まとめ

  • メイン・セミを含めた最多数はジェイとEVIL
  • 飯伏・オカダ・内藤の3人はメインイベントの起用が多い
  • 日本で一番長岡が好き

以上!!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。