オカダ・カズチカ vs 高橋裕二郎戦。制したのはオカダだが…

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

njpw 高橋裕二郎

新日本プロレス G1CLIMAX 30 9.23北海きたえーる。

個人的に注目のカードは第3試合のオカダ・カズチカ vs 高橋裕二郎。

EVILの裏切りを手助けして以降、何かと因縁を吹っかけてきている裕二郎に対して、あくまでも余裕の構えのオカダカズチカ。

KOPWでもハンディキャップマッチという、ある意味で屈辱ともとれる対戦などなど。

そして迎えたG1公式戦のシングル対決。

結果はオカダの勝利に終わりましたが、どうにも気がかりなことが…

オカダは裕二郎に完勝!…とはいかず。不安の残る1戦

個人的に事前予想では、裕二郎が勝利すると思っていました。

まずこのG1で、裕二郎が優勝はするのは正直言って難しいです。

で、あれば爪痕を残す事が1番のインパクトになるのではないかと。

(ザックもEVIL・内藤に勝ったら俺のG1は終わりだ、とも言ってますし、選手によってはG1は優勝以外にも目的があるかも…)

その相手はもちろん、オカダ・カズチカ。

G1シングル対決で番狂わせながら、「あのオカダ・カズチカから1勝」する事が、最大のインパクトになるのではないか?

とも思いましたが、結果はオカダの勝利。

ですが試合内容では、かなりの健闘ぶりを見せた裕二郎だったと思います。

オカダのウィークポイントを必要に狙ったり、巧みな技術と重い攻撃はオカダをかなり苦しめた様子。

レインメーカーこそ出ませんでしたが、試合後のコメントも少し余裕のないオカダ。

対する裕二郎は今まさに、自分が脚光を浴びる番であるかのように、負けたのに生き生きとしている様に見えました。

真の狙いはオカダの弱体化?

9.19大阪でvs飯伏戦に敗北したオカダ。

9.23札幌では腰にテーピングを巻いて登場。前戦のダメージがかなり残っていたのかもしれません。

そんなオカダに対して裕二郎は必要以上にペースを乱し、かつウィークポイントも攻める、まさに精神・肉体の消耗戦。

裕二郎の真の狙いは勝ちではなく、消耗させる事が目的だったのではないか。

それは次戦のオカダの相手が、帰国したジェイ・ホワイト。

多少の軽傷であれば「超人」オカダは崩せませんが、裕二郎の隙をついた攻防に、想像以上に苦しめられたオカダ。

全てはユニットのリーダーへの勝利の為の布石…なのかもしれません。

(裕二郎 vs ジェイ戦もジェイに勝ちを譲るのか…も?)

「俺の位置まで引きずり下ろす」とは…?

裕二郎が発言していた「俺の所まで引きずり下ろす」とはまさにこの事。

手負いのオカダがジェイに敗れてしまえば2敗だけでなく、さらに身体を酷使し、後の対戦でも連敗が続く可能性があります。

ベルト戦線・KOPWの提唱など、オカダは常に最前線で戦ってきましたが、その圧倒的な強さとカリスマがあればこそ。

(とは言え、オカダ・カズチカの主人公感は凄いですけどね)

このG1で準優勝どころか、負け越しをするオカダを見る事は、裕二郎にとっては願ったり叶ったり。

そんな状態のオカダと、5年ぶりG1出場・シングルでの活躍で脚光を浴びる裕二郎。

これまでの裕二郎を知っているファンであれば、「かつての裕二郎が戻ってきた!」と思うし、知らないファンは「こんなに凄い選手だったの!?」と感じるのではないでしょうか。

自分が脚光を浴び、オカダの格が落ちて行く様を眺める、それこそが「俺の位置まで引きずり落とす」事なのかもしれませんが…果たしてどうなるでしょうか?

オカダに狙いを定めた7.12 DOMINIONタッグマッチ戦後のバックステージコメント

タダでは転ばない裕二郎の今後の活躍(?)と、次戦のオカダvsジェイ戦は注目です!!

まとめ

  • オカダ勝利も不安の残る一戦に
  • レインメーカーは解禁せず
  • ピーターさんが同行していれば裕二郎が勝ってた!?

以上!!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。