G1 CLIMAX 30 ベストバウト&MVP(生観補正あり)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

g130

初の秋開催となったG1CLIMAX30の決勝戦にコマを進めたのはAブロック飯伏幸太 vs BブロックSANADAの両雄となりました。

終盤の両国3連戦では公式戦にも関わらずオスプレイの裏切り、グレート・オー・カーン(岡倫之)がドミネーターとして侵略を開始したり(凱旋)、驚きの展開が続きました。

そしていよいよG1決勝の舞台。

秋の最強戦士の称号を手に入れたのは、史上3人目の連覇達成となった飯伏幸太!!

ですがこの決勝、対戦内容に対して不完全燃焼な意見も多く、僕自身も少し不満を感じてしまいました。

と、いう事で僕なりの決勝戦の感想と、G1のベストバウト・MVPを選んでみたいと思います。

勝てば天国、負ければ地獄 G1決勝戦の重み

試合の展開だけ見れば、20分ぐらいかけてじっくりした攻め合い。

後半で動きがあるものの、お互いの攻防が噛み合わない様子が、観客の熱量を上げきる事が出来なかった様に感じます。

解説席の蝶野・ライガーも語ってましたが、G1決勝戦の大舞台で戦う事の意味。

負ければ何も残らない。

そういった意味で両選手ともかなり緊張していたのかな、と試合を見返して思いました。

飯伏・SANADAにしても、オールラウンダーな選手であり、どちらかと言えば後半に勢いを増すタイプだと思いますので、出来るだけ自分のペースに持っていこうと画策するあまり、慎重にならざる得なかったのかなと。

もちろん試合が進むにつれて勢いは増してはいきましたが、リアタイしていた時に「うーん…」といった感じ。

どちらかを推しているファン目線であれば、また見方が変わってくるのでしょうが、フラットに観ていたので両者の緊張感が僕にはあまり感じ取れませんでした。

改めて試合を見返してみて、両者がこの1戦に対する緊張感・慎重さ・勝利への想いなどが少しづつ理解できた様に感じます。

内容的に決して悪いという訳ではないのです。

終盤の激しくなる攻防は観ていて「どっちだ!?」と思える展開もありました。

が!個人的に終始「噛み合わなさ」を感じてしまいました。残念!!

それでも、飯伏幸太が史上3人目のG1連覇という偉業を達成したのは凄い事だと思いますし、優勝予想は飯伏に賭けていましたので、素直におめでとうです!!

今度こそIWGPヘビーのベルトを巻いて欲しい!頼む飯伏!!

(内藤からベルトを引っぺがせ!…おっと…)

G1 30 ベストバウトは10.10大阪 ジェフ・コブ vs 石井智宏 !!

石井 vs コブ

この試合は生観戦していましたが、とにかく面白かった!

お互いに投げて・当たって・打ち込んで。

石井の小細工をしない真っ向勝負に、コブも土俵に立っての勝負!

観ていて「コレ、どーなっちゃうの?!」という展開がとにかく楽しく面白かった!!

しかし、やはりと言うべきか、石井おそるべし。

何度投げられようとも、フラつきながら立ち上がり反撃する姿勢はまさに石井スタイル。

コブも立ち上がり反撃するもかなりキツそうでした!!

両者ダウンしてからの展開は、どっちが勝ってもおかしくない状況でしたが、コブのパワーボムからの無理やり(強制的に)ツアー・オブ・ジ・アイランドが決まった瞬間は、客席もかなり沸いてました!!

ジェフ・コブ

コブの3カウントが決まり、決着がついてもお互いに立てずに、勝ち名乗りを受けるコブ。

終始、頭を押さえながら苦しそうな表情で花道を歩く姿は、この1戦の壮絶さを感じました。

(この試合が原因で負傷欠場しないか心配するぐらい、苦しそうでした)

対する石井も悔しさを抑えきれず、エプロンに八つ当たり!

第2試合とは思えない満足感と、2人の健闘は個人的に「G1 30 ベストバウト賞」を送りたいと思います!!(生観戦補正あり!!)

その後、ワールドで2回、英語実況1回見ましたが、やっぱ面白かったです!

英語実況でその場飛びムーンサルトを「ガチムチサルト」と言ってたので、今度から「ガチムチサルトでたー!」と呟きたいと思います。

G1 30 MVPはジェイ・ホワイト!!

ジェイ・ホワイト

with コロナで、今年のG1はどうなるかと思われた中で帰ってきたジェイ・ホワイト。

ジュース、コブ、オスプレイ、KENTAの海外勢が発表された時も「オォ!!」となりましたが、やはりジェイの存在感は大きいです。

久々に観るジェイの、観客への煽りやヒールワークも良かったのですが、やはり試合がおもしろい。

優勝決定戦への進出はジェイが勝ち上がってくれると思っていたのですが、残念ながら後半に勢いが失速してしまいましたね。

ですが「どの試合でも何かやってくる」と思わせるドキドキをくれたジェイをMVPにしたいと思います!

特別賞はヤングライオンの3名!!

全ての公式戦でヤングライオン3人による、3つ巴戦が第1試合に組まれていたのは非常に良かったです!

まさにYL CLIMAX!

辻 vs ゲイブ

上村 vs 辻

1試合事に成長していく彼らを見ていると、今後の活躍が本当に楽しみでしかたありません!

ゲイブのダブルアームに、上村の閂スープレックス、辻のパワー+ルチャ(?)と3者3様のスタイルでの戦いは、第1試合にふさわしい試合を観せてくれました!!

次のシリーズではどんな活躍を魅せてくれるか、ヤングライオンの更なる成長に期待できるシリーズでした。

まとめ

  • ベストバウトはジェフ・コブvs石井智弘
  • MVPはジェイ・ホワイト
  • 第1試合のヤングライオンが素晴らしい

以上!!

SNSでもご購読できます。