漢を挙げろ織部克己!現「琉王」藤田ミノルへの挑戦

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
5.30ryudora

5.30に行われる琉球ドラゴンプロレス興行にて、まさか、いや、待望のタイトルマッチが行われようとしています。

琉ドラが認定している王座、御万人王座「琉王」(うまんちゅおうざ「りゅうおう」)。

現在の王者はインディー界でその名を知らぬ者はいない、藤田ミノル。

その存在感抜群の王者に挑むのは、久保田ブラザーズの末っ子(?)!

道頓堀WDWタッグ王座を戴冠した事もあり、今年から琉ドラに参戦中のミスターカラテこと織部克己!

タイトル戦を前に織部克己のココがすごい!

oribe

もしピンときてない方がいましたら、なんと説明してイイものか

織部克己(以下、織部さん)は2013年に大阪プロレスでデビューし、タイガースマスク(現◯ザ◯ギ)を師匠にもち、道頓堀プロレスなどで活躍。

関西インディー界において、一部でカルト的人気のある選手なのです。

と、いうのも私も少し前までは関西インディーはそこまで詳しくなかったのですが、この織部さんは知れば知るほど応援したくなる選手なのです。

そんな彼が2021年から関西を離れ、琉ドラへ定期参戦を行なっており、タイトル戦というチャンスを掴む時が来たのです。

織部さんは現在32歳でレスラーとして脂の乗り切った時期でもあり、このタイトル戦は大いに期待したいです。

体格の大きさと空手技から繰り出されるハードヒット

関西勢のレスラー、特にインディー系の中でも体格・バランスの良さは上位に入る程。

筋肉量も多く某神様(◯EUS)のジムでも鍛えていたらしく、フィジカルの良さが武器。

加えて空手をルーツにもち、繰り出される打撃や各種キック技は見ていて爽快かつ、破壊力抜群です。

関西特有のコミカルマッチなどにも対応しており、会場を沸かせる役割もしますが、真剣(マジ)になった時はかなり見ごたえありです。

私生活に問題あり!でも愛されキャラ

とにかく私生活に問題があることが指摘されます

と、言っても酒癖が悪いとか素行が悪いとかではなく、「だらしなさ」が目立つとか

夜のお店大好き、パチンコに足を運んだり、その他色々と残念なエピソードがあったり

なんですが!人当たりはすごく良く、とても親しみやすい人なのです。

そんな感じもあってか、先輩レスラーには可愛がられてたり、女性ファンも多くいます。

(上記で誤解のないようにお伝えすると、リングに上がればホントにカッコイイんですよ!)

初のシングルタイトル戴冠となるか!?琉王戦は期待大

5.30に沖縄で行われるタイトル戦。

藤田ミノルは強敵で、織部さんからすれば格上の選手でもあります。

ですがこの一戦に関しては織部さんのツイートにもあるように、やる気が違います。マジモードです(…多分)

チャンスをモノにし、沖縄参戦で「琉王」という称号を手にすることができれば、関西から送り出した選手やファンも、大いに歓喜すること間違いなしの案件なのです。

社会情勢や遠く沖縄という事もあり、簡単に観戦には行きにくいですが、ツイキャスのライブ配信が予定されています。

端末撮影の配信ではありますが、1000円で購入が可能です。

琉ドラや織部さんをよくご存知ない方にも、この一戦は是非観てもらいたい。

関西からイチファンとして、影ながら王座戴冠を期待しつつ応援したいとおもいます。

織部さん勝て!!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメント

Comments are closed.