フューチャー・オブ・スターダム王座は3WAYマッチ!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

stardom飯田沙耶

7.17後楽園ホールにてスターダムは「EXPLODE IN SUMMER」興行を予定。

早々に対戦カードも発表となっており、注目は空位のワンダー・オブ・スターダム王座がトーナメント戦で行われ、1回戦がこの日予定されている。

さらに第5試合では、こちらも空位となっているフューチャー・オブ・スターダム王座が行われる訳ですが…

どちらも見応えがあるそうなカードが揃っていますが、個人的にはフューチャー王座戦に注目したいと思います。

フューチャー王座はいわば登竜門!最初の栄冠を手にするのは?

おさらいですが、フューチャー・オブ・スターダムとは、キャリア2年未満もしくは20歳以下の選手が対象となる王座戦。

初代はスターライト・キッド、2代目は林下詩美が戴冠しており、今年の1月に林下詩美がベルトを返上した事により、王座が空位となりました。

この王座戦に挑戦するのは舞華・飯田沙耶・上谷沙弥の3名が選出され、巴戦の3WAYで王座を競う事となりました。

異例の王座戦となった訳ですが、異なるのプロレススタイルを持つ3人が、どんな試合をするのか注目です。

DDMから舞華

TAKAみちのく率いる団体「JUST TAP OUT」に所属しており、ジュリアの勧誘によりスターダムにもレギュラー参戦している舞華。

その実力は柔道をベースとしたサブミッションプロレスを得意としており、先に行われたシンデレラトーナメントでは林下詩美と対決し、試合結果はドロー。

前王者と同じぐらいの実力を持ち合わせており、間違いなく優勝候補です。

STARSから飯田沙耶

小さな巨人こと飯田沙耶は林下詩美と同期生ではあったが、少し遅れて19年1月にデビュー。

パワーファイトとオリジナルのフィニッシュを使うなど、個性が際立つ存在です。

選手としては小さく145cmとフィジカルでは劣る部分もあるが、メンタルは誰よりも強く、立ち向かっていく姿勢に好感がもてます。

QueensQuestから上谷沙弥

恵まれた体格と、シューティングスタープレスを得意技とし、新人王座であるルーキー・オブ・スターダム2019年度の優勝者。

ユニット所属以降は前王者の林下詩美とタッグチームを結成するなど、今一番勢いがある選手です。

優勝予想は飯田沙耶にBET!!

真っ向勝負であれば、体格差のある飯田が不利になる可能性がある事と、ルーキー王座戦では決勝で上谷に敗れています。

舞華も上谷も実力を付けてきていますし、新技を持ってくるかもしれません。

ですが3人の中で飯田はキャリアが1番上という事もあり、経験の差で何かしらの対策はうってくるでしょう。

何より、飯田沙耶にはこの王座を獲らなければいけません。

舞華はアーティスト王者・上谷はルーキー制覇と結果を残しています。

飯田はその個性的なキャラクターで人気はありますが、個人のタイトルとなる称号をまだ持っていません。

自身の格を上げるためにも、この1戦は負けられない試合になるでしょう。

飯田沙耶の負けない強さ

同期生である林下詩美は、ネームバリューと持ち前の体格を活かしてデビューから早くに活躍し、3冠王を達成しています。

1歩も2歩も先を行く林下をみて、飯田沙耶は悔しかったに違いありません。

少し話を遡ると、今年引退した花月が、初めて受け持った練習生がこの2人でした。

昨年引退した葉月もそこにいたようです。

花月のブログでは、この2人に対するある出来事が語られています。

そして、飯田沙耶には特に想い入れがあったようです。

どんな出来事があって、どんな想いがあったかは当人たちにしか知りえませんが、その志を引き継いでいる1人に間違いなく飯田沙耶も含まれているでしょう。

小さな巨人、飯田沙耶のどんなに強い相手にも向かっていくスタイルは、2人の師匠の教えがあっての事なのかもしれません。

なので、是非ともココで大きなタイトルを獲得して欲しいと思います!飯田さん勝て!勝てるぞ!!

まとめ

・フューチャー王座戦は異例の3WAY

・飯田沙耶は3人の中ではキャリアが一番上

・飯田沙耶はノンタイトル。ココで結果を出したい所!

・個人的勝利者予想は飯田沙耶

以上!!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメント

Comments are closed.