大江戸隊の逆襲!DDMのアーティスト防衛なるか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

stardom DDM

来たる7.23エディオンアリーナ大阪第2競技場にて、大阪では実に5か月ぶりとなるスターダム興行が開催されます。

元々は2月に予定されていた大江戸隊 vs DDMの「アーティスト・オブ・スターダム王座戦」がメインイベント。

ジュリア率いるDDMの勢いが止まらないですが、7.11新木場で鹿島沙希がジュリアから3カウントを奪った事により、タッグ戦の展開はどちらに転んでもおかしくない状況となりました。

(※このタッグ戦でジュリアはスターダム参戦以降、初の黒星となりました)

個々の能力が高いDDMと、結束力の強い大江戸隊の王座戦に注目したい所です!

5か月ぶりの大阪大会!

コロナ禍の影響で相次いで興行中止となってしまい、毎月行われていた大会が中止となっていました。

その間に様々な事が起こったのは、皆さんもご承知と思いますので割愛しますが、ようやくスターダムも地方興行の再開となりました。

新たな観戦マナーとなりますが、とにかくうれしい限りです。

満を持して組まれた王座戦はどう転ぶのか…ちょっと予想していきます。

アーティスト戦は大江戸隊に勝機あり!?

先の記述の通り、DDMのメンバーは強者ぞろいです。

ジュリアはシングルトーナメント覇者、舞華はフューチャー王座、ラスボス朱里。

よくもまぁこんな強いメンバーが揃ったなと、今更ですが感じます。

対する大江戸隊は加入時期が新しい鹿島沙希も、違和感なくヒールプレイに徹してる様子。

自分のペースに持っていくのが得意な夏すみれ。

新技+凶器攻撃に徹底したヒールワークが活きる刀羅ナツコ。

前回のタッグ戦では出さなかった、凶器攻撃を出すならココでだす可能性がありそうだし、この王座戦は絶対荒れる(気がする)。

(ついでに言うと、そこまで凶器攻撃に頼ってもいないような気もするけど…)

とにかく、真っ向勝負での対戦で活きるジュリアが、癖のある大江戸隊に2度目の敗北となるか…

悪の連携が決まれば、大江戸隊に勝機ありと予想します!!

TCSタッグ再び!前哨戦タッグマッチ!

stardom 小波 叫女

翌日の7.24の名古屋大会で行われる、ワールド王座戦に向けた前哨戦タッグマッチ!

岩谷麻優&中野たむ vs ジャングル叫女&小波組のセミファイナルは期待大!

ジャングル叫女&小波組はタッグ王座歴もあり、連携はバッチリ。

岩谷麻優&中野たむ組の2人タッグも、どんな動きを見せるか注目です。

翌日の24日の名古屋大会では岩谷麻優 vs ジャングル叫女のワールド・オブ・スターダム王座戦が控えている事もあり、これは前哨戦タッグマッチにあたる訳ですが、それぞれのユニットの実質的な2TOPによるタッグ戦…。

20分1本勝負ですが、これは時間切れ引き分けの予感!!

それぐらいこの試合には期待しています。(あっさり終わったら困る!)

次回の大阪大会は未定!ナンテコッタ…

大阪興業で使われていた会場「世界館」のキャパを考えると、現状では毎月の興行が難しいのかもしれません。

大正アゼリアや176BOXなどの会場もあるので、今後のスケジュール発表を待つしかありませんが、現状では未定の様子。

公式発表では8月の横浜武道館(横浜文体)で2日間のビックタイトルを予定しているので、恐らく8月に大阪で興業が行われる事は無いでしょう…ちょっと寂しい。

ともあれ、興業の再開とビックタイトルの発表に、うれしい事に変わりはないので今後もスターダムに注目していきたいと思います。

まとめ

・アーティスト王座戦は大江戸隊有利!?

・タッグ戦はユニットの2TOPによる翌日の前哨戦

・大阪大会は以降未定

・翌日の名古屋で行われるワールド戦に注目!

以上!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメント

Comments are closed.